2009年04月09日

レッドクリフ PartII

332747view001.jpg [レッドクリフ PartII] 西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。

パート2といっても最終章なので完結です。ずっと3部作かなにかかと思ってました。だったら後編とかにすればいいのに。

感想メモ
とはいえ,前作から1年も経っていないのでだいたいのダイジェストは覚えています。未見の方はDVDも丁度出ているのでやはり見てからがベストですね。物語はPartIのラスト,長江の戦いからの続きです...

一番の見どころは、諸葛孔明(金城武)の仕掛けた“罠”でしょう。三日間で10万本の矢を用意すると周瑜(トニー・レオン)と自分の命をかけて約束する。1日目、2日目は何もせず藁でカカシをつくるばかり。3日目、動き始めたかと思うと敵軍を背に逃亡・・・しかしこれがまさに逆転の発想、参りました。といった具合の策士ぶりを披露してくれます。 三国志を知っている方ならわかると思いますが敵軍がまんまと引っ掛かる様は見ていて爽快です。絶対の自信があるからこそ自分の命を賭け馴れ合いを拒む。その結果周瑜との信頼関係が厚くなり… 孔明も周愉もカッコ良すぎです。ちなみにこのシーンでは実際に船に乗り、矢が自分の前後にリアルに飛んできて怖かったと金城武さんが言ってました。監督のジョン・ウーはケガでもさせてたらどうしようと思ってたんですかね(^^; ★★★★☆
posted by グッピー at 00:00| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしもこの週末に見に行きます^^
フフフ
Posted by terumame at 2009年04月11日 06:25
○terumameさん
 レッドクリフ2はどうでしたか?
 戦闘シーンも迫力ありましたね^^
Posted by グッピー at 2009年04月12日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。